LOUD - BLOG

LOUDNESS-KYOTO official blog

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vs 佐川印刷SC…

Category: KYOTO SANGA F.C.  
SN3J0616.jpg


第90回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会


2回戦
佐川印刷SC vs 京都サンガF.C.

18:00 西京極陸上競技場

印刷 2-3 京都

印刷側の視点で書いたあとは京都側からの視点で



客をなめとんのか?

この15年はいったい何やったんや!
バカモンが

延長に入った時点で負けと同じです

攻撃の単調さやパスミス
ゴールキックはほとんど相手ボールに
など
いつものお粗末さが何も変わらずそのまま

ええかげんにせんとアカンで


JFLの11位チームってことはたとえ京都がJ1最下位とはいえ
30位も下のチームやぞ印刷は


カテゴリーも2段違い
印刷はアマチュアやしどー考えても昨日の試合展開は理解に苦しむ

いきなり先制点を取られるなんてのはグダグダの真骨頂

唯一の唯一の京都の得点パターンである
「カウンター」も佐川印刷にお株を奪われ綺麗に決められてしまう


あわてて点を取りにいくというお粗末振りで
試合巧者とならなければならないのに正反対ではないか

なんとか同点で迎えたハーフタイム
ピッチで練習していたのは佐川印刷の選手だけ…
笑わしよんなホンマ

同点で90分たった時点で「負け」や!いうこと
わかっとんのかな?


「勝った」
そのものは素直に喜ぼう
それがどんな勝利であれ「薬」になると信じよう

得点したらこんなに嬉しいんだ!
サポーターやお客さんが喜んでくれるんや!
そんなこと思い出ししてもらいましょう

そして何かのスイッチを切り替えてもらって
リーグ戦に活かしてもらいましょう


ただ「勝った」意外には何も得てません

なんちゃってJ1
ですわ


まぁたしかに印刷が予想以上の強さを発揮できたのは
京都が引っ張ったということもあるだろう
JFLリーグ戦での印刷はあれほど強くないはず

つまり京都は自分達のサッカーをすることができないし
相手によって自分達のそれをアレンジすることもできないのだ

だからたとえドゥトラがボールを持ってドリブルし始めても
得点できそうは雰囲気なんてない
あいかわらず両サイドは沈黙

ドキドキもワクワクもないサッカー

こんなのやってて
どーするつもり?

プロって何?


佐川印刷SCにこの内容で勝って嬉しいかい?
選手たちよ


試合終了のホイッスルで精魂尽き果ててピッチに倒れこむ印刷の選手たち
なんとか勝ってどう喜んでいいかわからない京都の選手

どっちがお客さんに夢や感動を与えてるんや!

月曜日の予定は京都は「OFF」やで
やっても体のクールダウンやろ
印刷の選手は会社員としての生活が始まるんやで



JFLのチームに挑むこともできないのに
J1のチーム勝っていって
これから残留しようなんて甘っちょろいにもほどがあるで


とにかくこの勝利をどう活かすかを
来週のリーグ戦で見せてもらおうやないかい







-------------
あと小話を

試合後に印刷側のスタンド(北スタンド)に数人の
京都サポーターが入った

知り合いがいたのかもしれないが
まず運営している協会や運営会社も考えてほしいね

通常入れないよ反対側のサポーターなんか

スタンドに入った京都サポーターの何人かに関しては
せめて礼儀としてユニフォームを脱ぐとかしてほしかったもんだね
はっきりイってモラルもわきまえも無い行為だ
試合内容がお粗末ならサポもお粗末になるのか?
アカンやろそんなん!


もしその京都サポーターの人たちが本当になにか
好意で入場されたのであれば誤解を生むことはしないでおくほうが良い
ことがわからないのだろうか?

人づてに聞いたところ
さらに後の時間に
印刷側のとある荒らしが南スタンドに入ってたとのこと
(事情があるらしいが)

呆れてものも言えんわ




さぁ天皇杯は来月
あの7番のいるジェフ千葉との対戦

どんな試合を魅せてくれるのでしょうか…



見届けましょう
必ず何かやってくれるはずです!




スポンサーサイト

Newer Entry2010 J1 第22節

Older Entryvs京都サンガF.C.…

Comments

管理画面での誤操作があったので
コメントが前後します。

>魚河岸三代目さん

コメントありがとうございます
匿名性の高い分野で、きちんとコメントしていただき、ありがとうございます。

前提で
自分は「罪を憎んで人を憎まず」の精神が好きです。

さて
この記事とひとつ前の記事がセットになっていますが、自分は日頃両者とも応援しています。
まったく性質の違う応援の仕方ですがね。

自分がツライ思いをしたのは
紫のユニーフォームのまま印刷側に入る行為は「京都側に誤解を与える」よりも「印刷側に失礼だ」という観点です。

もちろん京都側にも誤解や不振は与えた行為ではあるでしょうがね。


自分は入場は南スタンドでした、そのときから周りの仲間や知り合いは後で印刷側に行く事を知ってましたので、「まだ行かないの?」とか「印刷のユニってどんなん?」とか声をたくさんかけられました。
しかし入場前や南スタンドにいる時は絶対にユニフォームは見せなかったし、応援グッズも見えないようにしましたし、「反対側に行く」とは言いませんでした。

これはその場所が京都の聖域だからです
席をたつ時は「トイレにいってくる」と離れました(もちろん冗談としての振る舞いですが)

たとえわかっていても目の前で
印刷のユニフォームに着替えられたらムカつくでしょう


たとえ試合内容が絶賛を浴びるものでも
負けたのは印刷です、
エールを送るのも良いでしょう、それに返答するのもよいでしょう、しかし
その場からそれば良いことだと思っています。
例えは飛躍しすぎかもしれませんが、
今週末の神戸戦で試合後に神戸サポがユニフォームのままサポシに来て
「お互い頑張ったなぁ」なんて言うても大丈夫でしょうか?
大混乱になりますよ!

もちろんスタジアムの外に出てから
サポ同士がお互いを讃えあうなんてことは
大変良いことと思いますが
お互いのスタンドは自陣ですから。


その人がどんな綺麗な心の持ち主かなんて他人はわかりませんよね
何しに来てんねん!…となるのがオチ

ならば
そんな行為はやめて、自分の居場所から
多大な賞賛とエールを送ればよいと思います。

今回の試合で日頃は脚光を浴びない印刷サッカーをたくさんの人に観てもらえたことは印刷サポとして嬉しいかぎりではあります。

この試合で京都の選手には何かの薬になってもらって、上昇のきっかけになるとも信じています。

おいどん2929
ご丁寧にコメントありがとうございます
ご丁寧にコメント、ありがとうございます。

コメントを読み、納得の一言です。

ただ、佐川サポの太鼓を叩いていた方ともおかげで仲良くなれ、
私も彼も気持ちよく西京極を後にできたのですが、
それは今回たまたまだったと今更ながら思いました。

神戸戦のたとえ話、良くわかりました。

今後は気をつけます。

サンガサポでありながら佐川サポであるおいどん2929さんだからこそ
十二分に気を使っておられたということも良くわかりましたし、
その点については配慮が足りなかったと反省しております。

佐川の選手がSBまでは挨拶に来ないのをわかっていたので、
とっさにゴール裏まで駆け込んでしまいましたが・・・良く考えて行動するべきでした。

それでなくてもサポ同士が良く衝突するスポーツ、ホント気をつけなくてはいけないことでした。

いい勉強になりました。

機会があれば佐川の応援にも足を運びたいと思っていますので、そのときにもよろしくお願いいたします。

ありがとうございます。
誤解を招いたのは申し訳ないが・・・
私、魚河岸三代目と申します。
ブログの本文中にあった試合後佐川のゴール裏に入った者です。
先に断っておきますが、先のコメントは私ではありませんし、
私の仲間でもありませんので、誤解のないように。

確かにおっしゃるとおり、ユニのまま相手ゴール裏へ行ったのはうかつでした。
サンガのゴール裏からもサンガのユニ姿の者が佐川のゴール裏に入っていく様子が見えていただろけど、
そこで話をしている様子や内容は分らない中で、確かにゴール裏のサンガサポに
誤解を与えた事に関しては、本当に申し訳ないと思います。
しかし・・・私は基本的にはサンガサポ、サンガに愛がないわけじゃない。
で、何故佐川のゴール裏に行ったかというと、
純粋に佐川の選手のがんばりをたたえたかっただけ。単純にそれだけですよ。

試合に対する私の感想は、おいどん2929さんとほぼ同じ。
ただそれ以上に佐川のがんばりに感動した、それだけ。

佐川の選手、試合終了のホイッスルを聞いた瞬間ピッチを叩いて悔しがってた。
そんな選手に
「良くやったよ、何も恥ずかしがることはない。君たちの分もサンガががんばるよ」
という意思表示をしに行っただけです。

私は基本的にはサンガが好きですけど、いい試合をしたら相手もたたえてあげたい。
戦う相手は試合中は敵かもしれないけど、試合が終わればノーサイド、そういう感覚を持ってます。
しかし何よりうれしかったのは、佐川のサポーターが試合後のサンガコールをしてくれたこと。
(私も一緒にやりましたが)
もっとうれしかったのは、サンガのゴール裏が佐川コールを返してくれたこと。
その時私の気持はゴール裏のみんなと同じなんだなと思ってしまいましたが、誤解だったんでしょうか?

ま、『李下に冠を正さず』ということわざもありますから、
私の非は非として素直に謝りますし、これから気をつけようとは思います。
がしかし、京都に佐川印刷と言うすばらしいサッカーチームがあることも
この天皇杯のおかげで知れて、私は良かったと思っています。
おいどん2929さんも佐川印刷も応援していらっしゃるようですので、
その点ではどうなんでしょう、共感できる部分もあるのではないかな、と。

ブログで一方的に書かれて、別の方のコメントまで私のコメントのように書かれたことに対しての
誤解が晴れればそれでいいと思います。

長々と申し訳ありませんでした。
ヌルサポうぜー
>たぬき3
そんな「名無しさん」も大切なお客さま(^^)
ウェルカムでっせぇ!
うちはどこぞのアホブログと違って来訪者のコメントを無視しません。
ドンドンかかってきなさい!暇つぶししてあげる

もしかしたら「名無しさん」はブログ本文で非難されてる行為をした本人か仲間の方々かな?
ははは

どちらにしろ
せっかくちゃんと反論したのに
その反応がないのは寂しいねぇ
最初のコメントの輩…アホでんな
『井の中の蛙…』、『反論待ってる』…一昨日来いって感じ
ガキの相手は時間の無駄×②
日常生活に困らんぐらいの知性はあるし大丈夫。
(^^)
反論の仕方が幼稚だな 知性のなさが垣間見える
ようこそ

その場で「何か行動」したよ!(^^)
見えてなかった?ざーんねん。


ウルトラを意識してるように見えてる?
一緒にやろうよ待ってるわ(^o^)
じゃーねー
相手サポーターが乱入…あえて… して来て違和感をあったのだったら、その場で何らかの行動を起こしたらいいのにねえ
やたらとブログなどでウルトラを意識してますけどお笑いですよ
ラウドネスは結局何にも出来ない…佐川印刷のサポーターに移籍して井の中の蛙でウルトラ気取ったらどうですか?
反論楽しみにしてます



« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

KYOTO LOUD

Author:KYOTO LOUD
【LOUDNESS-KYOTO】
ゴール裏のエンターテイナー集団
エルフラやバナーでスタジアムの華やかさを
演出します
時には周りを巻き込んで
LOUDな祭り(^^)

ゴール裏でスタジアムにいる全員が
楽しめる応援をしたい
ゴール裏は熱く楽しくないと!
(イベント告知もします)

WE ARE KYOTO
WE ARE LOUD


since 2009

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1856位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
314位
アクセスランキングを見る>>
SUPER STAR
歯科医院向けの開業税理士
QRコード
QR
ブログ内検索
月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。