LOUD - BLOG

LOUDNESS-KYOTO official blog

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅の記録…番外編

Category: 未分類  
20100324193007
名古屋の街も寒くなってきたわけで…

楽しい時間も終わり
(;_;)
京都への帰りを考えると
ゾッとしてきます

しかし帰らなければなりません
相棒の原付(チャンプ君)をいたわりながらも

出発前に男爵は手袋を買うため
100円ショップを探しますが時間的に閉まっています(@_@)

そこでドン・キホーテを探すわけですが

携帯で検索すると名古屋城の北にドン・キホーテがあるとなっています

よしよしと
城北公園を抜けアバウトな地図を目印に進みます
もうこのあたりだろうと走っていると
なんだかドン・キホーテがありそうな雰囲気ではありません


んー
何処やねん!と探していると
とある看板が目に入ります



手作りクレープ
ドン・キホーテ



……まさか(+_+)これ


そう
激安の殿堂
ドン・キホーテ

ではなく

手作りクレープ
ドン・キホーテ

が検索にヒットしていたのです

がっくりうなだれる二人

しかしそのとなりのスーパーマーケットで
聞き込みします

「すいませんこのあたりにドン・キホーテあります?」

あっドン・キホーテを質問しちゃうとクレープのドン・キホーテって思われるっ!

慌て
「激安の殿堂の方…」

あっしまった
なんか間違えてクレープのドン・キホーテに来てしまった野郎が
激安の殿堂を探してるみたいやん
…て
そうなんやけど


しかし薬局担当のお姉さんは
優しく激安の殿堂を教えてくれます

しかも近くにあると!

おぉ~ありがたい

何度もお礼を言いながらドン・キホーテを目指します


無事にドン・キホーテで手袋と顔を守るタオルを購入

寒空の名古屋を後にして1号線を西へ!


熱田神宮を横切り
中川区を走り名古屋を出ます

そこからは2時間ノンストップ~

四日市市に入ったのは真夜中の0時を過ぎていました
マクドナルドで暖を取りますが
二人の疲労はほぼピーク

しかし男爵は弱音を吐きません

休憩して再出発

トラックが爆走する1号線を小さな小さな原付バイクでひたすら走ります

鈴鹿峠にさしかかった時
気温は3℃…

手足の感覚も無くなりかけて
もう動物的な反射神経で運転しているようなもの

限界を越えているように思えます

極寒の鈴鹿峠を走破し
滋賀県に入ります

水口で最後の給油をする予定でしたが
その前になんと雨…

まさかの雨…

こんなことってあるの?て思うほど
まさかの雨…

しかし帰らねばなりません

休憩予定を返上し
雨の1号線を巨大なトラックに抜かれながら
京都を目指します
(ToT)


そしてずぶ濡れの二人は大津市に入ります

もう男爵の目に迷いはありません
ただ京都に向かうだけ

まさに真夜中の爆走!

京阪京津線の線路と並走すればもう山科です


山科東野交差点

ここで二人は別れることになりました

全工程330㎞
走りきった相棒をいとおしく見つめ

そして二人はかたく握手します

家までのもう少し
別々に頑張らねばなりませんが

ここで二人の旅は終わり

次回名古屋へ行くなら
新幹線で…


終わり

スポンサーサイト

Newer Entry速っ…

Older Entry旅の記録…後編


« »

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

KYOTO LOUD

Author:KYOTO LOUD
【LOUDNESS-KYOTO】
ゴール裏のエンターテイナー集団
エルフラやバナーでスタジアムの華やかさを
演出します
時には周りを巻き込んで
LOUDな祭り(^^)

ゴール裏でスタジアムにいる全員が
楽しめる応援をしたい
ゴール裏は熱く楽しくないと!
(イベント告知もします)

WE ARE KYOTO
WE ARE LOUD


since 2009

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1829位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
318位
アクセスランキングを見る>>
SUPER STAR
歯科医院向けの開業税理士
QRコード
QR
ブログ内検索
月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。