FC2ブログ

LOUD - BLOG

LOUDNESS-KYOTO official blog

新年のご挨拶(遅め)

Category: KYOTO-LOUD(2018-)  


2019年
あけましておめでとうございます


平成最後のお正月
皆さま如何お過ごしだったでしょうか

今年は平成最後と合わせて西京極最後の年
クラブの歴史にひとつの転換期が訪れます

かくいう私にもクラブがパープルサンガと名乗る前からの
応援の歴史で大きな転換期がくる年だと思います

この約25年クラブが私にもたらしてくれたものは
ほとんどが失望と落胆の瞬間瞬間でした

そしてKYOTO-LOUDが西京極のゴール裏で何かをやりつづけたこと
それはいったい何だったのか…

自分の心の中では結局は自分もLOUDも何も果たせなかったし
何も残せなかったそして
西京極最後の年

いままで沢山の人に支えられ助けられたLOUDでした

ありがとう

素晴らしい時間でしたしかしそんな元仲間や今の仲間には
裏切ることばかりやってしまった自分でした




サポーター連合会を潰す
そのスローガンのもと作ったLOUDはサポ連ではなく
自分たちでいや主導者によって苦しめられる結末でした

夢は沢山のサポーターグループが特色を活かしゴール裏を
世界に誇れるものにする
そしてその各サポーターグループが実働的な組織を作って
クラブを動かす団体として活動する

そんな夢はぼんやり思いの中だけのものでした
現実は厳しくも切ないひとつのハズレ者

儚くも薄いイデオロギーの元でどんなにもがいても
出てくる結果は自ずと浅はかなものばかりでした

しかしゴール裏の主導的存在には喝采を送るものがあるのも事実ながら
賛同できるものが少なくて葛藤が広がり
フットボールを楽しむことの妨げになるだけに変化していたのが現状だった
もしかしたら自分勝手に変化させていったのかもしれない

それはゴール裏に何も残せなかったモヤモヤがそうさせたのかもしれない






西京極を華やかなフラッグで溢れる満員のスタジアムに
したかった

そこのいるだれもがヒーローになれる非日常的空間にしたかった

世界中の人が西京極へ一度は行ってみたいと憧れるスタジアムにしたかった

京都の応援が凄いらしいと羨ましがられるゴール裏にしたかった

クラブを誰もが尊敬する街である京都と同じ存在にしたかった

ずっとそう思ってきた











自分の身の丈とLOUDの身の丈
それはどんなものでどんなことなのか
今年もLOUDメンバーがホームにアウェイにとスタジアムで楽しみます
フットボールにはどんな楽しみ方があるのか
どんな感動があるのか

そしてLOUDには何ができるのか


そんな自問自答でした
2019年も皆さまがフットボールの魅力を堪能できますよう祈っております



つづく



代表:おいどん2929



KYOTO LOUD 2019





« »

01 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

KYOTO LOUD

Author:KYOTO LOUD
【LOUDNESS-KYOTO】
京都サンガF.C.を見つめて10年
楽しむことが大好きLOUD

フットボールにグルメと酒
そして旅の提案を!

誰にも邪魔されず自由にやる
それがLOUD STYLE
(^^)

WE ARE KYOTO!!
WE ARE LOUD!!

since 2008

FC2カウンター
最近のコメント
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
504位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
81位
アクセスランキングを見る>>
SUPER STAR
歯科医院向けの開業税理士
QRコード
QR
ブログ内検索
月別アーカイブ
LIVE CAMERA KYOTO
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ